2012年11月16日

幸せの時間

基本的にドラマを見ない自分ですが。

青年誌「漫画アクション原作のエロいドラマが、フジの昼ドラに降臨!!」との情報がインターネッツを駆け巡っていたので、ついつい「録画してまで」見てしまっています(苦笑)

ちなみに私の会社では、12-13時の一便・13-14時の二便で分かれて昼食をとっています(中小企業なもので、社員数は少ないです)。
その食堂にテレビがあり、見ながら食べてるのですが、何となくでフジTVがつけられます。
一便の私は「笑っていいとも!」を見ているんですが、二便の人は「ごきげんよう」を見てそのままこのエロドラマを見てるのか、それとも誰かチャンネルを変えているのか?何となく聞けないでいます(笑)

まぁこのドラマの内容は、関西で言う結構「コテコテ」なものであり、すぐ近くに不倫相手やら関係者がいて、「何でこんなに人間関係あコンパクトなのか!」をツッコみたくなるほどです。
言えば平成24年にもなって「昭和な」内容のドラマではあります。でもそれが良いのかもしれないですね。

主人公の智子(田中美奈子)が「本音を言い合える家族でいたい」と言いながらも、花屋の篠田に襲われた後に「変な噂を立てられたら、この家族がダメになる。傷つくのは私だけでいい」とダンマリを決め込んだり(お約束通り、後にバレる)。

恋愛における"仮面性"というのもありがちなテーマではありますが、安心して見られるというか。
吉本新喜劇の「オチを分かっていても笑える」ものに近いのかもしれませんね。


EQ診断
 


結婚準備 ブログランキングへ

ランキングはこちらをクリック!
posted by Heath at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。